光樹への思い

 初めまして、整体院光樹(こうじゅ)の小林紀子です。

 私は理学療法士として、病院やデイサービスなどで10年以上働き、多くの方々の病気や怪我や人生を見てきました。誰もが健康でありたいと思っていますが、病気や怪我、歳をとることは生きていれば避けられません。

医療は進歩していますが、病気を治すのは医者でも薬でも手術でもリハビリでもなく、ご本人の力だと感じるようになりました。医療が出来るのはそれを手助けすることであり、ご本人が持っている力を高めることでより医療の効果も発揮することができると思います。

ヨガに出会い、自分の体や心を知り、繋がることが自分の力を引き出すことを経験し、ヨガインストラクターの資格を取得しました。ヨガの経験や考えは今でも生きていますが、今痛い、とにかく辛いという方や今まで体や心と向き合う機会がなかった方、高齢の方にヨガで体や心と繋がることを伝える難しさも感じました。

そんな時に痛みを軽減させることや人が本来持っている力を引き出す施術に出会いました。今までの経験とこの施術を合わせることで、よりたくさんの方の役に立てると確信しました。

 病気は突然悪くなるのではなく、その前にたくさんの体からのサインがあります。そのサインを見逃さないために、普段から体と繋がって生きていくことが大切だと思います。

誰もが体のサインを受け取る感覚を持っています。しかし、日常生活は家族や仕事などやることも考えることもたくさんあるため、それを忘れてしまっているのです。元気な体でなければ、家庭も仕事も行き詰ってしまいます。一番大事なのは一つしかない体ではないでしょうか。

自分の体や心と繋がることはパワーを使います。痛みがあるとより体と向き合うことが辛くなります。そこで第一に痛みの軽減を図ります。痛みや痺れなどの不快な感覚も、一緒に丁寧に向き合っていくことで、体からの大事なサインとして受け止められることがあります。

ご本人も納得して施術に向き合い、自分で自分の体を治していく感覚が掴めるように、一人一人のペースに合わせて寄り添わせて頂きます。

それが本当の意味での人と人の繋がりだと思っています。

 私も自分の体のため、子供たちの未来のため、今出来ることを探索中です。

自分が気付いたこと、学んだことを一人でも多くの方に伝えていくことが、たくさんの方のお役に立てると信じ、整体院を始めました。

家族や周りの人達、ご縁のあった方々が痛みや体の不調で苦しんでいるときに、力になれる存在であるために、学び続けていきたいと思います。

©︎ Copyrights Seitai Kouju Co. Ltd., All rights reserved.


Top

 初めまして、整体院光樹(こうじゅ)の小林紀子です。